果物ですか?いえ、野菜です!〜『トマト』〜

食品図鑑

Tomato
「トマトは野菜なんだよ」
「えーっ。果物でしょー」

子供の頃、こんな会話を交わしたことのある方も
少なくないのではないでしょうか。

かく言う私も、その昔、幼い頃は、
「トマトは果物だ」
と思っていた人の一人です。

さて、
トマトが野菜なのか果物なのかをめぐって、
裁判が行われたという事実があるのをご存知でしょうか。

時は1800年代、19世紀。
ところはアメリカでの出来事です。

もともと南米ペルー産であるとされるトマト。
「トマトが野菜なのか果物なのか、はっきりしてほしい」
と訴えを起こしたのは、トマトの輸入業者。

当時のアメリカでは、
果物には関税がかかりませんでしたが、
野菜には関税がかけられており、
輸入業者にとって、
『トマトが野菜なのか、あるいは果物なのか』
は大きな問題だったのでしょう。

裁判では、【果物派の植物学者】と【野菜派の農務省の人々】が
それぞれの持論・主張を展開し、最高裁まで争われたのだそうです。

結果、
●トマトは料理に使うことがあること
●デザートとしては食さない
等の理由で、
「トマトは野菜である」
という結論に達したということです。

日本でのトマトの歴史を見てみると、
日本にトマトが入ってきたのは江戸時代。
しかし、この当初、トマトは食べるものではなく、
観賞用として愛されていたようです。

実際にトマトが食べ物として食卓にのぼるようになったのは
今から100年ほど前のこと、とのこと。

現代の私たちにとって、とても馴染み深い野菜ですが、
その歴史は意外にも浅いものなのですね。

トマトの収穫量
1位/熊本県
2位/茨城県
3位/北海道
4位/千葉県
5位/愛知県

・甘いトマトの元祖としてあげられる「桃太郎」
・甘味、酸味の調和がとれた「おどりこ」
・お弁当の付け合わせに大活躍の「ミニトマト」
など、ひとくちにトマトと言っても、実に種類も豊富です。
※ミニトマトにも「ピンキー」や「ココ」、「シュガーランプ」等、たくさんの種類があります!

今や、ハウス栽培も含め、一年を通じて店頭に並ぶトマトですが、
やはり、旬は夏!
旬のトマトをたくさん食べて、元気いっぱいに過ごしたいものです。

食品図鑑『トマト』

◆旬
 夏

◆主な栄養成分
 リコピン:トマトの赤を作りだしているのがリコピン!
 リコピンはカロテンの一種で、抗酸化作用があります
 ビタミンC:リコピンと同じく、強い抗酸化作用があります

◆選び方のポイント
 ヘタが濃い緑色で、ピンと元気なもの
 ※ヘタがしおれていたり、黄色がかっているものは鮮度が落ちている証拠です。
 トマト全体の色が均一のもの
 皮にハリのあるもの
 持った時にずっしりと重みのあるもの
 おしりの部分の放射状がはっきり出ているもの

◆調理のポイント
 トマトの主な栄養素とされるリコピン等のカロテンは、
 「生で摂るよりも加工されたものを摂るほうが2〜3倍吸収しやすいこと」
 がわかっています。
 また、リコピンの吸収性を高めるためには、
 油を使った料理にトマトを加えることもおすすめです。
 オリーブ油でたっぷりの野菜を炒め、トマトで煮込むラタトゥイユは、
 夏野菜とトマトの栄養をまるごと摂れるメニューのひとつですね。

◆保存方法
 ビニールの袋に入れるか、
 あるいはラップにくるんで
 冷蔵庫の野菜室で保存するのがおすすめです。

(文章:上級指導士 鈴木美由起

関連記事

最近の記事

  1. 脂質

  2. DHA、EPAが豊富な青魚の代表「鰯」

  3. 言わずと知れた魚の王様「マグロ」

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
プライバシーポリシー 規約 特定商取引法